トクホとか栄養機能食品とか色々あってよくわからない!

近年よく目にするトクホ(特定保健用食品)や栄養機能食品、機能性表示食品など色々な表示がされている商品が増えましたよね。

 

商品を選ぶ時、付いてないものよりも付いてる方がなんか得な気がするので付いてる方を選んでいませんか?


 

なんとなく、健康に効果があるんだろうなあ~とか、栄養がちゃんととれそうだなあ~いった程度の認識の方は多いのではないでしょうか?

 

ですが、どうせならしっかりとした知識を持って効果や効能を有効活用しませんか?
ここでは「保健機能食品制度」についてや選ぶ上でのポイント、注意点などを徹底的に調査した私がお伝えしようと思います。

トクホや栄養機能食品を決める「保健機能食品制度」って?

 

トクホに代表する「保険機能食品制度」とは色々な食品やサプリが流通している現在、消費者に対して適切な情報提供をする目的として厚生労働省で制定されました。
現在では管理、運営が消費者庁になっていますので、トクホマークには消費者庁の名前が入っています。

 


 

保健機能食品制度には大きく3つに分かれており、それぞれ「特定保健用食品」、「栄養機能食品」、「機能性表示食品」に分けられます。
認定基準の大きな違いとして「特定保健用食品(トクホ)」は消費者庁による有効性や安全性の審査がありますが、「栄養機能食品」、「機能性表示食品」は国が制定した規格基準に適合していれば特に審査はないのが大きな違いとなっています。

 

 

 

次にそれぞれの特徴について詳しくお伝えします!

 

特定保健用食品(トクホ)について

 

特定保健用食品(トクホ)はそれぞれの製品ごとにその有効性や安全性の認可審査を受け、国から許可を受けたもののみ表記する事が出来ます。
ですので特定保健用食品は消費者庁によってその効果を正式に認められた食品であると言えます。

 

ちなみに「条件付き特定保健用食品」というものもあり、こちらは有効性が科学的根拠に基づいたものではないが、一定の有効性が認められた食品に対して発行されます。
この場合、限定的な根拠である旨を表示する条件として付きますが特定保健用食品として表示する事が出来ます。

 

特定保健用食品は認可された効果・効能を明記しても良いとされています。

 

栄養機能食品について

栄養機能食品はその食品や商品に含まれている栄養成分が国の定めた規格・基準に合っている場合、その成分についての機能を表記する事が出来ます。
ただし、こちらは特定保健用食品とは違い、消費者庁が認可審査はなく、メーカーが表示しているものとなっています。

 

栄養機能食品はその商品に含まれる栄養素を摂取したい人に向けて成分や機能・注意喚起などを表示しています。

 

 

機能性表示食品

機能性表示食品はメーカーや販売会社の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品で、その有効性や安全性について消費者庁に届け出を出したものが表記する事が出来ます。
こちらも特定保健用食品と同様に効果・効能を明記する事が出来ますが、これらは消費者庁が認可・審査したものではありません。

医薬品とは違うの?

 

医薬品と特定保健用食品や栄養機能食品、機能性表示食品は目的も手続き上も全く違います。
そもそも、保健機能食品制度はあくまでも「食品」に対する表示制度であり、「薬品」である医薬品とは別物です。

 

 

薬は病気の治療や回復を目的としている為、作用が強いものがほとんどです。その為副作用が出てしまう可能性も多くあります。
その為医薬品は医師や薬剤師の処方・管理の元で使われる必要があるのです。

 

 

保健機能食品の制度は食品であるため、医薬品程の強い作用はなく、またその為副作用も起こりにくいとされています。

保険機能食品制度の上手な使い方は?

 

3つそれぞれの特徴についてお伝えしましたが、では保健機能食品制度を上手に使うにはどうすればよいのでしょうか?

 

結論からお伝えすると「その商品の特性や効能・効果を良く理解した上で商品を選ぶ事」がポイントです。

 

特定保健用食品や栄養機能食品、機能性表示食品はそれぞれその食品や商品を摂取するとどういう効果や栄養が摂れるのか?という事が表示されています。
ですのであなたが望む使用用途とちゃんとあっているのかどうか?をキチンと判断した上で選ばないと折角摂っても意味が無くなってしまいます。

 

もちろん大量に摂取しても効果が増大するといった事はありませんので、摂取量を正しく把握した上で続ける事が大事ですね。