ただの疲れ目とほっておくと視力が落ちるって本当!?

 

現代に生きる人にとってパソコンやスマホは生活と切っても切れない環境になりつつありますね。

 

仕事で長時間パソコンを使っていたり、スマホをずっと見て目を酷使していると思っている以上に目が疲れてくるものです。

 

ですが、ただの疲れ目としてほったらかしていると視力にも影響が出るって知っていましたか??

 

ここでは疲れ目と視力低下の関係についてお伝えしようと思います。


そもそも疲れ目とはどういう状況?

「目が疲れた」とよく表現しますが、実際にはどういう状況なのでしょうか?

 

 

疲れ目というのは目の周辺にある筋肉が疲労した状態、または目のピント合わせのために働く「毛様体筋」が緊張し続けた事によって疲労した状態のを表しています。


 

 

そして疲れ目には「眼疲労」と「眼精疲労」の2種類があります。眼精疲労は目薬などのCMでもおなじみですね。

 

この二つ何が違うのでしょうか?実は症状の重さによって言い方が違い、「眼精疲労」がより症状が重い状態を指します。

 

「眼疲労」が一時的な疲労で睡眠や休憩で解消するのに対し、「眼精疲労」は睡眠や休憩では解消しない、または一時的に解消してもすぐにぶりかえしてしまう慢性的な状態の事を指しています。

 

また、眼精疲労の場合、肩こりや目の痛みなど、別の症状を伴う事も多いそうです。

 

目に負担をかけ続けると視力低下する

 

眼疲労であれば気を付けるだけで問題ないですが、眼精疲労ですとそのまま放置する事によりさらに目に負担をかける事になってしまうため、

 

視力低下をはじめ、緑内障や白内障に代表するような眼の病気に疾患してしまうリスクもあります。

 

仕事や環境面に影響を受けますので、改善するのはなかなか難しいかと思いますが、眼科で治療したり、視力回復トレーニングを試してみた方が良いでしょう。

 

アイケアサプリなんかも効果があると思います。